blog

[AudioBook] [Amazon Audible]
本を聴く。

はじめに

この記事は、foodison advent calendar 2015 の10日目の記事です。

今のところ、木曜日担当(?)の金田です。 早いもので、このAdvent Calendar, もう2回めが回ってきました。 弊社ではまだまだエンジニアが足りていません。

今日は、グラフDBネタをお休みさせていただいて、通勤時間の読書の話をさせていただきたいと思います。

読書スポット

皆さんにとって、読書スポットはどこですか? 人それぞれ、読書するのに快適なところ、するすると読み進められるところ、イマイチ読書スピードが乗ってこないところなどがあるのではないでしょうか。

僕にとっての読書スポットは、

  • 通勤、その他外出の往復の電車の中
  • カフェ
  • 風呂の中
  • ベッドに入ってから寝入るまで

の4つのシチュエーション。これ以外で本を読むことはほぼ皆無な気がします。 なので、僕にとって、通勤の往復の電車の中というのは、「読書タイム」として非常に貴重な時間である、と言えます。

ねーさん、事件です。

弊社に入社してまだ2ヶ月ちょいしか経っていませんが、ここで大変由々しき事態が発生しました。オフィスが引っ越したのです。

これまで弊社は、築地にオフィスを構えていました。築地へは、最寄り駅からとある路線を使って乗り換えせずに1本で通えました。乗車している時間そのものは、それほど長くはないですが、ある程度まとまった時間が確保できたのと、途中に、乗客が激減する駅があり、車内で本を広げるのはそれほど苦じゃない、という状況でした。

ところが、先日、弊社は勝どきへ移転をしました。実は築地と勝どきは目と鼻の先です。隅田川を跨ぐ勝鬨橋を渡ればすぐではありますが、これまでの通勤経路のままでは、ちょっと歩くには遠い、という微妙な距離になります。

なので、少し面倒にはなるものの、朝の貴重な時間を確保するため、通勤経路を変更しました。そうすると、乗り換えが1回発生し、1回の乗車時間が減少。さらに、乗車率的にも、激混みで、本を開くどころじゃない。

こうして、朝の貴重な読書時間が奪われる、という事態に陥りました。

おーでぃぶる!

そこで思い出したのが、最近、サービスをローンチしたてのAmazon Audible。車通勤が当たり前のU.S.では需要が高いオーデイオブックを提供するサービスとして、ようやく日本に上陸してくれた「あれ」です。

物理的に、本を開くのは辛くても、これならいけるかも。

早速無料試用を開始したところ、これが思った以上にいい。今まで英語のヒヤリングの練習として、英語コンテンツを聞き流すようなことはあっても、実際にオーディオブックに手を出したことはありませんでした。目で読んだほうが早いから。 でも、身動き取れない車内の状況とか、車通勤のシチュエーションでの選択肢としては、非常に便利。通常のオーディオ再生機器等によるメディア再生と違い、オーディオブック再生用専用アプリケーションが提供されており、ナレーションのスピードを選択できるのがいい。

通常の再生スピード調整に比べても音の劣化が少なく、音楽を聞いたりとかではなく、あくまでリーディングのナレーションを聞いて内容を追いかける、という目的であれば、3倍スピードぐらいがちょうど心地よいスピードで聞き流すことができます。

これは、ひょっとしたら、通勤時間の不毛な時間の代替というよりは、「新たな読書体験」と言えるかもしれません。

サービスとしてまだ始まったばかりなので、用意されているコンテンツとしては、まだまだ少ないですが、「オーディオブック」という、僕にとっての「新たなメディア」の有効性に、改めて気づかされました。

ウェブのコンテンツ上にも、じっくり読みたいけど、ナカナカ手が回らなくて目を通せていないアーティクルも多数あり、こいつらをクロールして、Text to Speech エンジンに食わせれば、オーディオブック的なコンテンツが自動生成できるではないか、とか、いろいろ夢は広がります。

これから、この方面についても、いろいろ、リサーチしつつ、快適な「読書環境」が構築できればと思った次第でございます。

今宵はここまでに致しとうございます。

では、また会おう。ぐひゃひゃひゃひゃ。

おわりに

foodison のミッションは「世界の食をもっと楽しく」です。
このミッションに共感するようなエンジニアの方は、是非一度遊びに来てください!
今月から勝どきのオフィスに移転して勤務が始まっています。
採用関連に関してもっと知りたい方は こちらの wantedly を参照してください。